家族名義のカードでクレジットカード現金化はできる?できない?

現金を調達したい時に利用している人も多いクレジットカード現金化。
そんな現金化をしたいという人の中には、自分名義のカードを持っておらず家族名義のカードで利用したいと思っている人もいます。
でははたして、家族名義のクレジットカードでは現金化をすることはできるのでしょうか。
今回は家族名義のクレジットカードでの現金化について解説していきます。

現金化業者では家族名義のカードでは現金化はできない

クレジットカード現金化をする時には、現金化業者を利用する人も多いです。
実は現金化業者では家族名義のクレジットカード現金化をすることができません。
これは現金化業者ではカードの不正利用や盗難されたカードでの現金化を防ぐために、名義人本人以外からの申し込みを受け付けていないためです。
これは例え家族の名義のカードであっても変わりません。
そのため現金化業者を利用した場合、家族名義のカードでは現金化をすることができないのです。
中にはばれなければ大丈夫だと考える人もいるかもしれませんが、現金化業者では初回利用時に身分証明書で本人確認を行っているため、ばれてしまう可能性が高いので絶対にしないようにしてください。

業者を利用しない場合は現金化できる可能性も

現金化をする時には業者を利用せずに自分で換金性の高い商品を購入し、それを買取ショップで買い取ってもらい自分で現金化をするという人もいます。
実はこの自分で現金化をする方法ならば、家族名義のカードで現金化ができる可能性があります。
ネットショッピングでカードで買い物をする場合、カード情報の入力は必要ですが本人確認は行われません。
そのため家族名義のカードが手元にあれば買い物をすることができます。
そしてその商品を買取ショップなどに持ち込めば現金化をすることができるのです。
なお店頭での買い物でも家族名義のカードが利用できる可能性はありますが、レジで本人確認が行われる可能性があるためあまりおすすめできません。

家族名義のカードでの現金化は名義人に許可を得ておく必要がある

家族名義のクレジットカードで現金化をしたい場合、必ず名義人本人に現金化をすることを伝え、許可を得ておく必要があります。
これには2つの理由があります。
1つ目は現金化のために商品を購入した履歴はカードの利用明細に記載されてしまうためです。
そのため名義人に隠れて現金化をしたとしても本人の記憶にない使用履歴が残ってしまうためすぐにばれてしまいます。
その結果名義人との間でトラブルに発展してしまう可能性が非常に高いためです。
2つ目は万が一現金化をしたことがカード会社にバレてしまった場合、名義人の信用情報に傷がついてしまうためです。
現金化はカード会社の利用規約で禁止されている行為であるため、現金化をしたことがカード会社にバレてしまうと信用情報に傷がつきます。
ですがこの時に傷がつくのは現金化をした人ではなく名義人の情報です。
そのため家族名義のカードでの現金化は名義人本人がリスクを負わなければいけないためです。
これらの理由から名義人に隠れて現金化をしてしまうとトラブルに発展してしまい、人間関係にも影響が出てしまう可能性があるため、必ず許可を得ておく必要があるのです。

まとめ

今回紹介してきたように家族名義のカードでの現金化は原則できません。
ですが自分で現金化をする場合に限り、利用規約違反になってしまいますが現金化ができる可能性があります。
しかし自分で現金化をする場合でも様々なリスクがあるため、それらを把握して本人に許可を得た上で現金化をしなければいけないので覚えておきましょう。