クレジットカード現金化は身分証なしでも可能なのか

クレジットカード現金化を請け負ってくれる専門業者は、原則として身分証なしでは利用できません。
どうしても身分証なしでクレジットカード現金化をしたい場合には、別の手段や色々な回避方法を考えておく必要があります。
ここではクレジットカード現金化に身分証が必要な理由と、身分証なしで現金化をする方法について教えます。

クレジットカード現金化が身分証なしで行えない理由

クレジットカード現金化では、一度商品をクレジットカード購入したあとにその商品を転売して現金にするという方法を取るのが一般的です。
これは自分で転売をして現金を作る際も専門業者に依頼する場合も基本的には同じになります。
つまり専門業者に現金化を依頼すると、商品の販売から中古の買取まで一括でお願いすることになるわけです。
そして中古買取には未成年者の利用を避けるために年齢確認が必要という古物商取引上のルールが存在しています。
現金化の専門業者であっても表向きは中古買取業者となっているため、年齢確認のために身分証なしでの利用は不可能となっています。

身分証なしでも利用可能と宣伝している業者は危険

現金化業者が中古店のルールを守っている以上は身分証の提示は必須と言えます。
しかし中には身分証なしでも利用可能であると宣伝している業者も少数ですが存在します。
ネット上の業者ではあまり見かけませんが、街角にひっそりとそうした看板を出している店はあるため一見すると便利であるかのように思えます。
ただしこうした店舗は何度も言うように中古店のルールを逸脱しているため、かなり危険なタイプの業者であると覚悟する必要があるでしょう。
たとえクレジットカード現金化が可能であったとしても、その換金率は足元を見た設定になっていることが容易に予想されます。
単に身分証なしで現金化を利用したいという理由だけでは、とても釣り合いが取れていないので注意しましょう。

身分証なしでクレジットカード現金化業者を使う方法

ネット上のクレジットカード現金化業者を身分証なしで使う方法はほとんどありません。
唯一、抜け道として考えられるのは他人に現金化を代わってもらう方法になります。
ただしクレジットカード現金化業者では身分証とクレジットカードの名義人の情報が一致していることも利用条件に含まれるため、自分のカードを他人に貸すことはできなくなっています。
あくまで誰かに本人のクレジットカードを使って申し込みをしてもらい、利用した金額を自分のクレジットカードで埋め合わせるという複雑な工程を踏むしかなくなるので通常はおすすめできるやり方とは言えないでしょう。

自分で転売をするタイプのクレジットカード現金化は身分証なしでも可能

身分証なしでクレジットカード現金化をする際は、多少効率が落ちたとしても業者を使わずに自分で買った商品を売る転売方式を採用した方が上手くいきます。
転売でも中古ショップやオークションサイトを利用する際に身分証の提示が求められることがありますが、現金化業者サイトを利用する場合と比べると確認は緩くなっています。
また商品の転売であれば店ではなく知り合いに直接売るという方法も可能になります。
売るというよりは相手に必要なものを聞いて、ネットショッピングを代行してあげる形にすれば相手に現金化目的であることを知られることもなく100%の換金率で現金を得ることすらできます。

まとめ

クレジットカード現金化を業者を使って行う場合、身分証なしでの手続きはほぼ不可能と考えておきましょう。
他人に申し込みを代行してもらうことも人間関係のトラブルを引き起こす原因ともなるため、あまり推奨されません。
他人に協力を求めるのであればネットショッピングを代行して、商品と現金を等価交換するという形がもっとも安全で効率的となります。