もしクレジットカード現金化を怪しまれたら?言い訳を事前に用意しておこう!

クレジットカード現金化は法律的には違法ではありません。
法律で取り締まられるものではないので、見つかったからと言って逮捕されたりする心配もありません。
しかしクレジットカード会社が定めている利用規約に反する行為であることは変わりなく、カード会社は24時間365日常にカードの不正利用がないか監視をしています。
もしクレジットカード現金化がバレてしまった場合には、クレジットカードの利用停止処分、強制退会処分、そして一括返済を請求される可能性があります。
ですから疑われてしまったら絶対に認めてはいけないのです。
そこでこの記事ではもしクレジットカード現金化を疑われた場合どうやって言い訳したらいいかについて紹介します。

絶対に認めないこと

「どうやって言い訳しよう」と考える前に大切なことがあります。
それは、クレジットカード会社に現金化を疑われてしまったときは、絶対に認めてはいけません。
クレジットカード会社から問い合わせの電話がかかってくることがありますが、必ずしも現金化を疑って電話をかけてくるわけではありません。
カード会社は現金化をしていないことを確認するために電話をしてきますが、現金化目的で商品を購入したかどうかは確認できないのです。
つまりカード会社に「現金化目的で商品を購入しましたか?」と聞かれても「絶対に違う」と断言しましょう。
ほとんどの場合、それ以上カード会社が追求してくることはありません。
とにかく絶対に認めないことが大切です。

ギフト券を利用して現金化した場合

商品券やギフト券は現換金率が高いのでクレジットカード現金化に利用される傾向にあります。
もちろんクレジットカード会社もこういった商品の現金化に利用されることをしっかりと把握しているため、常に監視の目を光らせています。
もしギフト券で疑われてしまった場合にはこのように言い訳しましょう。
「結婚祝いのお返しとして購入しました」
「結婚式の二次会のギフトで使いました」
「忘年会のビンゴの景品です」
こうやって自信満々に答えましょう。
実際にギフト券をこのような目的で利用している人はたくさんいるため、カード会社からそれ以上追求されることはないでしょう。

新幹線の回数券を利用して現金化した場合

新幹線回数券も、クレカ現金化の人気商品です。
カード会社もしっかりとチェックしています。
もしクレジットカード会社の新幹線の回数券を大量に購入したことを疑われてしまった場合、次のような言い訳が有効と考えられます。
「職場で部署が変わって出張が増えたので、とりあえず購入しました」
「恋人ができたので、定期的に会いに行くために買いました」
カード会社としても新幹線の回数券を購入していることを全て怪しいと思っているわけではなく、これまでそういった購入履歴がないのに突然大量に購入したことを怪しんでいます。
そのため環境が変わって新幹線の回数券が大量に必要になったと言うことを説明すればそれ以上問い合わせてくることはありません。
「本当に職場の部署が変わったのか?」とか、「遠方に恋人ができたのか?」というプライベートな事まで突っ込んでくる事は絶対にありません。

まとめ

怪しまれてしまったときにそれ以上カード会社に「怪しい」と思わせないためには、カード会社からの問い合わせに対して自信を持って返答することも大切です。
そのために事前に言い訳を考えておくことが何よりも重要です。
もし怪しまれてしまっても、向こうはそれ以上詮索する手段を持っていないため絶対に認めないようにしてください。
そしてもし怪しまれてしまった場合は、しばらくの間はそれ以上現金化をしないことも大切です。