クレジットカード現金化に上限はあるの?

借金以外の方法で、今すぐ必要な現金を用立てたいという場合に頼りになるのがクレジットカード現金化です。
ただ、実際にクレジットカード現金化をしたくても、本当に必要な現金を用意して貰えるのか不安を感じる人もいるでしょう。
クレジットカード現金化には上限があるのか、上限を増やすにはどうすれば良いかなどの情報を一緒に見ていきましょう。

クレジットカード現金化の上限

消費者金融のように総量規制の対象となる業者でお金を借りる場合は、年収の1/3にあたる金額が上限となります。
上限まで借入をすると、返済をして借入総額を減らさない限り、新たな借入を行うことはできません。
そんな借入とは違い、クレジットカード現金化は年収の影響を受ける心配はありません。
クレジットカード現金化で重要となるのは、年収ではなくカードのショッピング枠が残っていることです。
ショッピング枠の上限までであれば、年収や借入総額に関わらずクレジットカード現金化を行うことができます。
無職で仕事をしていない状態であっても、ショッピング枠が残ったカードを所有していれば、現金化を行うことが可能です。

クレジットカード現金化の上限を増やすには

クレジットカード現金化をしたくても、手持ちのカードのショッピング枠が殆ど残っていない、もしくは残っているショッピング枠だけでは足りないという人もいるでしょう。
そんな場合は、複数のカードを利用してクレジットカード現金化を行うことが有効です。
ネット上で運営しているクレジットカード現金化業者の多くは、複数のカードを使った現金化にも対応しています。
ショッピング枠が残ったカードを複数組み合わせれば、枠の合計が現金化できる上限となります。
そのため、上限を増やしたい時は、ショッピング枠が残ったカードがないか探してみることがおすすめです。

クレジットカード現金化が設定している上限

ショッピング枠が多く残っていても、どれだけ現金を手にできるかは、クレジットカード現金化業者次第なのではないかと考える人もいるでしょう。
しかし、ネット上でクレジットカード現金化を行う業者の多くは100万円以上の現金化も可能など、利用金額に関する上限が設定されていないことが殆どです。
それどころか、100万円以上など高額利用の場合は最大換金率が適用されるなど、よりお得に現金化ができるというメリットがあります。
多額の現金が必要という場合は、上限鳴く利用可能なクレジットカード現金化業者の活用を考えておくと良いでしょう。

上限まで現金化する際の注意点

残っているショッピング枠の範囲内であれば、上限なく利用できるクレジットカード現金化業者ですが、ショッピング枠を使い切ることは避けておくことがおすすめです。
クレジットカードのショッピング枠は、支払いが終わるまで復活しません。
上限まで使い切ってしまうと、支払い日が来るまでカードが使えず困った状態となる可能性があります。
支払い日が近く、それまでカードを使わないという場合は上限まで現金化を行っても問題ないでしょう。
ただ、カード払いができる状態を保っておきたいという場合は、少し余裕を残した状態での現金化を心がけておく方が良いでしょう。

クレジットカード現金化と上限についての考え方

クレジットカード現金化の上限は、ショッピング枠がどれだけ残っているかによって決まります。
複数枚のカードを使った現金化も可能なため、カードを組み合わせれば現金化の上限を増やすことができます。
ただ、全てのショッピング枠を使い切ってしまうと、支払い日が来るまでカード払いができない状態となってしまうので注意が必要です。